衝撃!サブブランドと格安SIM(mvno)の3GBの価格差がなくなった

こんにちは、ソラタです。
2021年1月のauの新20GB、povoの発表日
大注目は、UQモバイルの新3GBプラン(くりこしプラン)でした。

目次

UQモバイルのくりこしプランとは

UQモバイルのくりこしプランは2月1日から開始です。

UQモバイルの新料金プラン「くりこしプラン」の注目ポイント

  • ahamoなどの20GBと違い、店舗サポートがある。
  • サブブランドで、3GBプランが格安SIM(MVNO)と比べて、最安値。
  • UQ家族割を廃止し、一人からでも1,480円から。(税込1,628円から)
  • 余ったデータ容量を翌月まで繰り越せる。
  • 任意に低速回線を選べる「節約モード」あり。
  • 混雑時(平日の昼休み)に速度低下しない。(いつでも快適に使える)

数年前から格安SIMの3GB音声通話プランは、概ね月1,600円(税抜)です。
いままでのサブブランドは、昼休みでも速いが、格安SIMにくらべ少し割高の料金体系でした。
今回の、旧旧プランから値下げ値下げで、UQモバイルのくりこしプランの3GBは、格安SIMと同価格帯になりました

プラン時期プラン名料金(税抜)備考
旧旧プランおしゃべり・ぴったりプランS2,980円無料通話あり
旧プランスマホプランS1,980円2回線目500円引き
新プランくりこしプランS1,480円1回線目から安い
UQモバイルの月3GBの移り変わり

ワイモバイルとの比較

2020年12月の発表で、UQモバイルの旧プラン(スマホプラン)と同価格帯に合わせてしまった、ワイモバイル。

(2021年2月からの料金プラン)

UQモバイルワイモバイル
3GBプラン1,480円(税込1,628円)1980円(税込2,178円)
3GBプラン比較

ワイモバイルは、UQモバイルの「節約モード」と「データ繰り越し」がありませんので、現時点では、積極的に選ぶ理由はありませんが、対抗プランに期待しましょう。

2021年2月1日にワイモバイルが家族割サービスの増額を行い、2回線以上ならワイモバイルがやすくなりました。

OCNモバイルとBIGLOBEモバイルの比較

格安SIM(MVNO)の中で、混雑時(平日の昼休み)でも比較的速いと評判の、OCNモバイルとBIGLOBEモバイル(タイプA)と比較します。

事業者価格混雑時の速度容量超過後
UQモバイル1,480円(税込1,628円)比較にならないほど快適300kbps
OCNモバイル1,480円(税込1,628円)1Mbps程度200kbps
BIGLOBEモバイル
(タイプA)
1,600円(税込1,760円)1Mbps程度200kbps
3GBプランの比較

UQモバイルが、3GBプランで、1,480円に値下げしてしまうと、回線品質で劣る、格安SIM(MVNO)を選択するメリットが、小さくなってしまいます。
OCNモバイルとBIGLOBEモバイルには、300円程度安い、1GBプランがありますが、この程度の料金差であれば、回線品質の差でUQモバイルがおすすめです。

月のデータ通信量が、3GBで足りる方は、回線品質最高のサブブランドのUQモバイル、一択

注意事項
UQモバイルのデータの繰り越しですが、繰り越しできるのは、翌月契約のデータ通信料までです。
3GBプランのくりこしプランSの場合、繰り越し上限は3GBとなります。

それでは、また。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる