つみたてNISAとiDeCoのどちらから運用すべきか

こんにちは、ソラタです。
つみたてNISA(積立NISA)と個人型確定拠出年金(イデコ)のどちらから、運用すべきか悩む方も多いと思います。

つみたてNISAで年40万円と、イデコでおおよそ年27万円※の両方に投資できる方は、両方投資しましょう。
(※イデコは人によって違いますが、企業年金なしの会社員の場合)

片方のみを、どちらかを優先して運用すべきか?
を検討すると、私はつみたてNISA派です。

目次

なぜ、つみたてNISAから優先すべきか

運用の途中で、どうしてもお金が必要な事態になった場合に大きな違いが

iDeCo(イデコ)の場合

原則、60歳まで出金できません。
会社員でおおよそ年27万円を運用した場合、お金は60歳まで手元から消えることとなります。

20歳からイデコの運用を始めると60歳までの、なんと40年間、お金が出金できません。

掛け金が、全額所得控除となりますが、60歳以降の受け取り方法を工夫しないと、課税されます。
60歳以降の受け取りは、元本+運用益が課税対象です。
毎年の所得税は節税になるが、税金が必ずゼロ(非課税)になるわけではありません。

運用の拠出がしんどくなった場合、掛け金は、減らすことができます。
しかし、それまでの運用資金が60歳まで出金できないことを、念頭に置く必要があります。

つみたてNISAの場合

つみたてNISAの場合は、いつでもすぐに出金できます。
年40万円の非課税枠がなくなるため、出金は熟慮する必要がありますが、いつでも引き出せる安心感は違います

とはいえ、つみたてNISAはやめてはいけません
20年後の運用益が非課税になるメリットを最大限、活かすため相場の値動きに、過敏に反応することなく、コツコツ毎年40万円を積立する必要があります。

私はお酒のイメージして、40万円を20年間熟成させ、老後に利益付きの、おいしいお酒を味わうことを想像しています。

暴落は、安く買えるからラッキーと考え、コツコツ毎年40万円の20年間の800万円を積立して老後資金を準備しています。

いざというときに、出金しないために備えるためには

投資による運用より、まずは生活防衛資金を貯めることが大切です。
長い人生において、お金に困らない生活を送るためには、固定費を下げ、貯金ができる仕組みづくりが必要です。

まとめ

つみたてNISAとイデコの違いですが、

いざというときに、出金できるか、出金できないかが大きな違いです。

  1. 最初に固定費を下げ、生活防衛資金を貯める。
  2. 出金できる、つみたてNISAを優先する。
  3. 余裕があれば、イデコをする。

というのが、私の考えとなります。

では、また。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる