脱キャリアメールと脱店舗サポートで、流行りの20GBプランを検討しよう

こんにちは、ソラタです。
楽天モバイルから始まった、税抜2,980円プラン。(税込み3,278円)
ドコモのahamo(アハモ)、ソフトバンクのSoftBank on LINE(LINEMO)、auのpovo(ポヴォ)と3社のプラン発表が出そろいました。

3社(ドコモ、ソフトバンク、au)に共通すること

  • 契約は、オンラインのみ。
  • ショップサポートなし。
  • キャリアメールが使えなくなります。

ドコモから打ち出した20GB料金。
店舗運営費とショップサポートが、いかにコスト高なのか、わかる料金プランです。

目次

各社の20GBプランの共通点

契約はオンラインのみ・ショップサポートなし

すでに格安SIMを使っているユーザーで、オンライン契約した方なら問題ありませんが、ショップ行って相談しようでは、各社の安い20GBを使うことができません。
これを機会に、インターネットなどで情報収集して、オンライン契約にトライしてみてはいかがでしょうか。

キャリアメールが使えなくなります

キャリアメール使っていますか?
キャリアメールがMNPの足かせになる時代、連絡用のメールアドレスやネットショップなどで登録しているメールアドレスをGmailに変更して、移動できる自由を手に入れてみてはいかがでしょうか。

各社の20GBをまとめてみました。

ドコモソフトバンクau
名称ahamoLINEMOpovo
最低料金3,278円2,728円2,728円
5分通話無料ありオプション
+550円
計3,278円
トッピング
+550円
計3,278円
通話かけ放題+1,100円+1,100円+1,650円
超過後速度1Mbps1Mbps1Mbps
特徴国際ローミング可能
海外82の国々・地域で
追加料金なく利用可能
LINE使い放題
LINEスタンプ無料
トッピング
+220円で
24時間使い放題
金額は税込み

各社の選ぶポイント

  • 海外で使う ・・・ ドコモのahamo
  • 通話はしない ・・・ auのpovo
  • 1日だけ、動画を見まくる場合 ・・・ auのpovo

ソフトバンクのLINE使い放題はとくにメリットを感じません。
(1MbpsでもLINEは十分使えます)
個人的には、LINE通信量無制限より、スタンプ関係で、他社との差別化が良かったです。

2021年2月19日追記

ソフトバンクの20GBプランは、スタンプ無料に対応するようです。

各社の20GBプラン
使うには、脱キャリアメールが必要です。
これを機会に、メールアドレスの変更をしてみてはいかがでしょうか。

では、また

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる